思い出を撮ろう!

私が小さい頃はビデオカメラなんて持っているのは、本当にお金持ちの人だけでした。まるでテレビ局の撮影カメラのように大きなカメラを肩へ乗せて近所の人が撮ってくれたのを覚えています。

それから月日が流れ、今はとってもコンパクトなハンディカムの時代ですよね。 まだ高かったのに社会人になって8ミリカメラを買った私。当時はとても小さくて画面が見えて羨望のまなざしを感じたものです。。。



それが段々と重く大きく感じてきたのはデジタル化してから! ここ数年で大きく様変わりしたのですっかり古くなってしまいました。

2人目が生まれたのを機に、思い切って我が家もデジタル化! と、同時に長男の保育園の最後の思い出でもある卒園式を撮る担当になってしまいました。

当日は旦那と二人で手分けをしてアングルを考えたり、撮影に挑み、そしてそれを編集し、DVDに焼き、お世話になった先生や園児たちに配りました。 もうあれほど楽しくもあり、悲しくもあり、辛かったことはないぐらい!

不眠不休で何日もかかり、感動的なDVDに仕上がり、みんなに涙・涙にお礼を言われた時には、こちらのほうも泣けてしまったほどです。

息子の晴れ姿をきちんとした形で残せることができ、本当によかったです。
本当に思い出深い卒園式でした。

それ以降は、学校行事や保育行事がある時には必ず撮ってきていますが、何もない普段の子供たちをあまり撮ってないな~ と最近、気づきました。 

家で遊んでいる兄弟!外で遊んでいる子供、家のお手伝いをしている図!なんかをもっとこれからはたくさん撮っていきないな~ っと感じています。

そして極めつけはこれ↓ 赤ちゃんだった女の子が、いつしか少女になり、大人の女性になり、結婚してゆくストーリー。なんだか見ていると涙が出ちゃいます

私には娘がいないので残念ですが、息子2人がどんな子供時代を送ったか、どんな環境で育ったか、あんな、こんなエピソード!をたくさん残して、いつか私たち親元を離れる時が来たら一緒に見たいな!って思います。

奥さんや彼女にも見せてあげたいし!(笑)

なんか今から考えても寂しくなりますが、モノより思い出を形で残しておきたいですよね!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック